野良着や襤褸、古い年代のジャパンヴィンテージまで扱う福島市の古着屋FUNSです。
noragi 野良着 FUNS 藍染 襤褸 刺し子 ジャパンヴィンテージ 半纏 着物 羽織 Japanese Vintage kimono haori jacket 海外発送/国際配送サービスの転送コム






NORAGI JAPANESE VINTAGE

私はジャンル問わず、古い物が好き。

Regardless of genre, I like old things.

10代の頃見たMTVから流れるアメリカに興味を持ち、アメリカ古着が好きになっていった。

I became interested in the USA flowing from MTV when I was in my teens and started to like American old clothes.

ファッションとして古着を楽しでいた私はそれを仕事にしたいと思い、ご縁あって仙台の古着屋で働く事に。

I enjoyed clothes as fashion, I thought that I would like to make it work, so I am bound to work at a clothing store in Sendai.

その後、ヨーロッパヴィンテージやアジアの雑貨などのアイテムに触れ、ますます古物の魅力に取り憑かれていった。

Later, he touched items such as European vintage and Asian sundries, and became more possessed by the charm of the antique.

時は過ぎ、2015年、地元福島市にて古着を扱う「Clothing and more FUNS」をオープン。

The time passed, in 2015, "Clothing and more FUNS" which handles clothes in local Fukushima city opened.

オープン当初は、USやユーロヴィンテージ、ミリタリーを中心にセレクトを行なっていた。

Initially I opened, I was doing a selection centered on US, euro vintage, military.

年々、物と出会う確率も減り、仕入れも大変になっていたが、まだ見た事の無い面白い物に出会っていたので、何だかんだ言って楽しく充実していた。

Years, the probability of encountering things also decreased, purchasing was also serious, but since I had encountered interesting things I have not seen before, it was fun and fulfilling to say a few.

しかし、欲深い私は、何となくとある骨董市に足を運んでみた。

However, I wanted to go somehow to a certain flea market.

そこで出会ったのは、明治から大正時代頃の野良着。

I came across Noragi around the Taisho era from the Meiji era.

勤め人だった頃から、フリーマーケットや骨董市に出向き、知っていた存在であったが、その時、なぜか激しいくらいダイレクトに野良着が心に響いた。

From around the time I was a worker, I went to a flea market or antique city and I was aware of it, but at that time Noragi responded to my heart directly as intensely as it was.

野良着と言うのは簡単に言うと、農作業をする時に着用していた作業着の様な物。黒々しい藍染に刺し子や当て布で補強されたそれを手に取り、着込むほどに野良着に魅了されていった。

To say Noragi briefly, something like a work clothing that was worn when farming work was done. It was captivated by Noragi enough to catch it in the black Aizome as it was reinforced by sashiko and Patchwork.

そこからは火が着いたように野良着や半纏、襤褸、刺し子などの日本の古着を集め回り、販売を行なった。

From there it gathered and sold Japanese clothes such as Noragi, Hanten, Boro, Sashiko as fire arrived.

今、思い起こすとあの時、骨董市で出会った野良着が本当の意味での「Clothing and more FUNS」のスタートになったのかもしれない。

Now, remember, at that time, Noragi I met at a flea market may have started the real meaning of "Clothing and more FUNS".

私は今でもアメリカやヨーロッパの古着が大好きです。

I still love clothes in America and Europe.

そして、いつの間にか日本のヴィンテージも大好きになっていた。

And, before getting to know the Japanese vintage, I became fond of it.

まだまだ誰も知らない日本の古着、ジャパンヴィンテージの良さや面白さを世界中の人たちに伝えていく唯一無二の自分らしいお店に「Clothing and more FUNS」を育てていきたいです。

I'd like to nurture "Clothing and more FUNS" in my unique shops that convey the merits and interests of the Japanese clothing, Japan vintage, which no one knows yet, to people all over the world.

Clothing and more FUNS代表 難波


Clothing and more FUNS

ADD 〒960-8105 福島市仲間町1-9 (1-9,Cyugencyou,Fukushima City,Fukushima)
TEL/FAX 024-502-6439
OPEN 12:00〜 CLOSE 19:00 (不定休)
HP http://funs-clothing.com
MAIL funs@kzd.biglobe.ne.jp
海外への発送も可能です。(Shipping to overseas is also possible.)

グループから探す

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

Clothing and more FUNS

ADD 〒960-8105 福島市仲間町1-9

TEL/FAX 024-502-6439

OPEN 12:00〜 CLOSE 19:00 (不定休)

HP http://funs-clothing.com

MAIL funs@kzd.biglobe.ne.jp